2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年8月の投稿

2011年8月 1日 (月)

『銀塩写真へのこだわり』

生前遺影写真撮影への思い!

『銀塩写真へのこだわり』
 Img_report_024
Img_report_022Photo<


プリントの方法で、思い出の運命は変わる…水に強い「銀塩写真」

2011/3/11東日本大地震によって大津波が発生し、東日本沿岸部が壊滅的被害を受けてしまった。全て大津波によって奪い去られ、瓦礫の山を前に呆然とたたずむ人々、親族の安否、そして、探し求めるアルバム写真、婚礼写真、卒業写真、お祭り、修学旅行、遺影写真など全てを失ったとき人々が心の拠り所と気づいた存在が、写真でした!口々に『写真は、宝物だから』
せめて今、写真だけでも見つかればと人々が願う気持ちに応えるべきボランティアがいます。彼らは、初めの活動として避難所などのヘルプとして現地に入った。被災から2ヶ月が過ぎる頃から瓦礫の山、海辺、倒壊家屋跡などで無心に何かを探し求める人々を多く見ることになる。「我が家のアルバム」探しの人々でした。そのことを機に写真、アルバムを中心に探し集め一枚一枚を丁寧に真水で洗い、干して各地域の避難所で公開することで多くの人々が失ってしまった想い出を取り戻すことが出来ました。富士フィルム「写真救済プロジェクト」も企業とし活動を開始、しかし、最近のデジタルプリントは印刷なので水には弱く、昔ながらの銀塩写真、カラープリントが多く蘇りました。今回取り戻すことが出来た人々が『写真は、宝物だから』と実感を込めてつぶやいた言葉が心に残りました!
昨今、デジタル化の普及が席巻してinkジェットプリントが一般化しました。手軽さ、利便性が支持されたことは言うまでも有りません。広告、雑誌などには多様されて良い結果を出しています。
そもそも、写真とはどのような「もの」なのでしょうか?現在のデジタルプリントとは印刷との認識が無く、それまでの写真印画と同じと思われているのではないでしょうか?展示して鑑賞するためのポスター、ポストカードと同じではないでしょうか!
7年前にいち早くデジタル化を推進して撮影をスタートいたしました。2年間作品、仕事の撮影をいたしました。しかし、私の中で写真として受け入れることが出来ない長期保存、銀塩写真では200年近い存続率などは確認されて存在しています。2年間で仕事でのデジタルシステム以外をアナログシステムへ戻しました。この事は、論理だけでデジタルを否定することへの懸念も有り、自分自身にて体験、挑戦を経て出した私の写真への答えです。現在、日本写真館協会員のほとんどがデジタル撮影、プリント制作にての営業をされています。しかし、今回の東日本大地震がもたらした被災による写真の存続率の問題が今後人生の記録者としての写真館の意識も問われることとなるのではないでしょうか。
ポートレート撮影で生前遺影写真を印刷処理(inkジェットプリント)された「モノ」を葬儀霊安置されることへの拒否的感情が解消されないからでした。葬儀後も遺族の基で忍ばれるメッセージボード的役割をも果たし続ける大切な遺影だからです。
『可能な限りの長期保存』
現在の主要感光材料は、主に英国(イルフォード)ドイツ(テッテナール旧アグファ)米国コダック社フィルムにて撮影、現像、プリント、フレームフィッテイングなどを行なっております。お渡しするときの最終形態は、11”x14”インチ(約28x36センチ)写真サイズを16x20インチ(40,64x50,8センチ)ミュージアムボードブックマート(無酸性ボードベース版に4コーナー留に無酸性ボードオーバーマットにて開閉出来るように背綴じ、永久保存処理を施し(ニューヨーク近代美術館、世界主要美術館所蔵基準)に基づき制作いたします。プリント背面に制作年月日、撮影者、永久保存処理済みサインが記載されます。遺影撮影は、ご依頼主の方とのコラボレートの結果納得された結果にて最後のお別れを本人が弔問に訪れた皆様の心に語りかけるメッセージボードと解釈いたしております!
葬儀社からのオーダーはお受けいたしておりません。ご本人様からのご依頼による生前遺影写真撮影だからこそ伝わると感じています。
『撮影、納品形態と料金』
撮影:出張撮影にてご本人様の生活環境写場、又は、スタジオ撮影にて撮影後3カットセレクト。
料金:11”x14”インチ(約28x36センチ)写真サイズを16”x20”(40.64x50.8センチ)インチミュージアムボードブックマート仕様1点、他2カット 11x14(約28x36銀塩プリント、セレクト3カット+4"X5"(10.16X12.7センチ)デスクフレームサイズプリント3点、お渡し、標準撮影税別¥70,000,(出張実費経費別途請求)
額縁:¥9,800 ~¥28,000(全て無垢材仕様にて塗、ナチュラル、選択頂けます。)
撮影依頼で、ご自分を表現する事を是非大切に考えていただければと思います。
以上がPhotography-SHIMAの遺影写真撮影概要です。

ご意見、ご質問などございましたらご遠慮なくトラックバックにてお受けいたします。

 
<

« 2011年5月 | トップページ | 2011年10月 »