2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年5月の投稿

2011年5月26日 (木)

上海回想、鈴木いづみ

1973年春まだ浅い或る日、ブロンズ社編集長の藤岡さんから電話で頼みたい仕事がある!鈴木いづみ」を知っているか?と聞かれて、知っていますと答えた。ブロンズ社は、私の処女作品集「Every time I meet her」 (1972年)を出版してくれた恩義の有る出版社だ。新宿で待ち合わせて記憶が定かではないが代々木上原の鈴木のアパートへ向かう。会うのはこの時が初めてだった。ファーストインプレッション:デカダントとエロスが混在する中に繊細であどけない少女的な小悪魔を感じた!「あたしは天使じゃない」小説本のカバー撮影だった。挑発してくる彼女の会話は小説ネタにされてしまう女吸血鬼。だが、同じ蟹座で一つ年上、何処かカワイイ!
この時すでに阿部薫と半同棲、その後結婚した。阿部薫のライブも新宿ピットインへ聴きに行っていた。新宿が銀座、六本木とは違うエネルギーで満ちていた時代だった!
鈴木いづみは17歳の時に書いた小説が「小説現代」新人賞の次点に入選したことを機に1969年キーパンチャーとして伊東市役所に勤務していたが退職して上京後、ホステスやヌードモデル、ピンク女優を経て、1970年に「声のない日々」で第30回文學界新人賞候補となり以後作家として活動する。1973年にアルトサックス奏者阿部薫と結婚し一女をもうけるが、1978年に阿部は急死。その後はSF雑誌を中心に小説を書いていたが、やがて健康を損ねて生活保護を受けるようになり、1986年に自宅で首吊り自殺した。36歳没。
Suzukiidumi004tensi1


2011年5月22日 (日)

5月20日、「我愛ニー」で結婚ラッシュ !

5月20日、「我愛ニー」で結婚ラッシュ
中国では、ジューンブライドよりこの日が特別!それは、(5201314)の発音が「我愛ニー一生一世」(一生愛してる)と似ていることから、この特別な日が盛り上がりをみせている。結婚する人もいれば、ミニブログで「駆け落ち」宣言をする人もいる。 何はともあれ恋愛は、何かの?後押しとキッカケ?が必要なのかもしれないことの現れですか
F2011052015191300248廈門商報より


2011年5月13日 (金)

生前遺影写真撮影に寄せて!

昨今、いろいろな機会で話題になる生前遺影写真に付いて思うことは、自分自身と向きあうチャンスになれば良いのではと思っております。記憶に新しい出来事としては、キャンデーズのスーちゃんこと田中好子さん葬儀の遺影写真が彼女の微笑と弔問に訪れた方々への最後のお別れへのメッセージボードと感じられたからでした。もっと生きたい!その思いが強ければ強いほど死と向きあう思いも強い事を感じずにはいられませんでした。旦那様が撮影された田中好子は、共に生きた証にも受け取れました。長い間写真と向き合い生きて来た者として写真の本質に触れることが出来ました。突然訪れる死に対して心の準備をすることの難しさ!今回の、東日本大地震のような災害は避けようが有りません。しかし、日常と向き合い生きている中では知り得ることと思います。スーちゃんの場合は、闘病、退院、を繰り返しながらも今を生きたい思いを女優を続けたい!思いを抱きながら弔問に来ていただく方々へ深い感謝の気持ちをどう?伝えるか!東日本大地震で被災された方々への励ましをも含めて彼女の精一杯が溢れていた彼女らしい葬儀に受け取ることが出来ました。「生きることは、死と自分自身に向き合うこと」ではないでしょうか!
生前遺影写真とは、遺影ではなく今を感じて生きておられるあなたが写真を撮るときに少し襟をただして自分自身を意識してみるだけで良いと思います。日々写真を撮るときにこの事を思い出して下さい。
撮影者の意識も大切です!撮る側、取られる側の思いが写真に映りますから!家族、友人、恋人、様々な関係性、昔ながらの写真館など写真をもう一度生活の中に意識を変えて観てください!
きっと、今までと違った自分に出会えるチャンスだから。

2011年5月12日 (木)

PORTRAIT OF A SCENE 上海展終えて!

2011/03/17から約2ヶ月間に及ぶ上海展を2011/5/10に無事に終えることが出来ました。開催直前の東日本大地震で多大な被災を被った惨状を前に全身が硬直していく自分!幼い頃に母に連れられてよく行っていた岩手県宮古、浄土ヶ浜、本当に美しい私の大切な想い出でも有りました。消息不明の知人など今も判明していません。ニューヨーク9.11で友人3名を無くしこの世の「無常」を感じずにはいられません。
今、私に何が?と思い今回のエキジビション開催を東日本大地震チャリティー参加展にすることを急遽ギャラリーとの交渉にて快諾頂き募金箱設置と売上の30%義援金として送ることに致しました。集計、精算後送ることになります。沢山の参加していただいた方々に心より感謝申し上げます。
中国上海に拠点を移して早、7年が過ぎました。今回のエキジビション開催が2回目になり中国アート写真
事情なども今後レポートしていきたいと考えています。今回、中国最大の写真情報ウエッブサイトのインタビューを受けましたのでそのURLを下記に掲載いたしますので中国写真現状が見て取れると感じました。
是非、御覧ください!
http://www.xitek.com/
http://www.xitek.com/html/vision/exhibition/
http://vision.xitek.com/interview/

« 2011年3月 | トップページ | 2011年8月 »